どんな業種が多いのか?

IT関連やコンピューター関連の業種

外資系の企業と聞いても、漠然としたイメージしかない人も多いのではないでしょうか。外資系の企業と言っても実に様々な業種があり、その中の一例としてはIT関連やコンピューター関連の業種があります。この2つの業務はパソコンに特化した業務という事で、チーム作業を行う場合も単独で作業を行うこともある仕事です。IT関連の中には株式取引を行う金融系の証券会社も含まれ、コンピューター関連の外資系企業には精密機器を製造する企業や、アプリ開発を行うプログラマーが活躍する企業があります。また、外資系の企業だからと言って英語が必須スキルとは限りません。このように、外資系企業には様々な業種があります。これから外資系企業に転職したいという方は参考にして下さいね。

貿易やコンサルティング業務などのサービス系

外資系企業の中には、貿易を行っている企業やコンサルティングを行っているサービス系の企業があります。これらの業種には、どういった企業が多いのでしょうか。例えば、貿易を行う企業の中には、石油を取り扱う企業や木材を輸入する企業などがあり、オンラインショッピングを運営している企業もあります。そして、コンサルティングを行っているサービス系の企業の中には、外国人労働者を日本へ受け入れる手続きを代行している企業や、日本人を海外へ派遣する手続きを行っている企業があります。このように、貿易やコンサルティングと言った業種の中でも、様々な業種が点在しています。上記で紹介した業種や企業はほんの一例ですので、外資系企業へ転職を考えている方は、企業内容を十分リサーチしたうえで転職活動を行いましょう。