どの程度、英語のスキルが必要なのか?

営業職はビジネスレベルの英会話のスキルが要求される

外資系企業で必要とされる英語力は、職種によって大きく異なるため、採用試験を受験する際に自分が希望する職種の実情をきちんと把握することが大切です。中でも、営業職は海外の取引先や顧客とのメールや電話で交渉をする機会が多く、ビジネスレベルの英会話のスキルがある人材が重宝されています。最近では、外部から優秀な人材を受け入れるために、中途採用に力を注いでいる外資系企業が少なくなく、海外勤務の経験が豊富な人や、英語の検定や資格を持つ人を対象に試験が行われる機会が増えています。そこで、近い将来に外資系企業で営業職として勤務をしたい場合には、実務に役立つ英語のコミュニケーションスキルを習得することがおすすめです。

技術職は英語力がそれほど高くない人も採用されやすい

外資系企業内でITや機械、電気製品などの開発に携わる技術職は、営業職など人前に出る機会が多い職種と比べて、それほど英語力が求められないため、英語に自信がない人も転職しやすくなっています。また、大手企業の中には技術職を対象とした英会話の研修を行ったり、eラーニングやテキストを使った自主的な学習を推奨したりしているところが多くあります。そこで、仕事を通じて専門的な技術を身につけるだけでなく、英語力も高めたい場合には、社員教育が盛んな外資系企業の取り組みを早めに調べてみると良いでしょう。その他、技術職の海外駐在員になるには、最低限の日常的な英会話の能力が必要となるため、業務の合間を縫って将来に向けて学習に励むことが大切です。