海外勤務はあるのか?

転職後の海外勤務の可能性を調べよう

外資系企業に転職をする前には、将来的な海外勤務の可能性についてよく確認をしておくことが大切です。特に、営業職や総合職など成果が求められる職種は、入社後にすぐに海外勤務を任されることもあるため、求職中に興味のある企業の働き方についてじっくりと比較をすることがおすすめです。最近では、英語力が高い人材を対象に数年程度の海外勤務を命じている外資系企業の数も多くあり、帰国後にスムーズにキャリア形成をしたい人にとって魅力的な勤務先として位置づけられることがあります。また、海外勤務が長期間になる場合には、後々のトラブルを避けるため、赴任先での生活の過ごし方や文化の違いについて事前に下調べをしておく必要があります。

海外勤務の際の給料の支給条件を確認しよう

海外勤務の際の給料の支給条件は、企業の方針や駐在期間の長さなどによって大きな違いがあるため、転職前に人事担当者に詳しい説明を受けることが重要です。特に、待遇面に注目をして転職先を決めたい場合には、外資系求人の掲載数が多い転職サイトを使って、海外勤務の基本給や手当、賞与などの条件が良い外資系企業を探すことがおすすめです。また、営業職や総合職などの管理職経験がある人や、語学やIT、経理などの資格を持つ人は海外でも好条件で働けるケースが多いため、妥協をせずに職場選びをすることが大切です。その他、出世を目指すうえで、転職活動中に志望企業の説明会やセミナーに足を運んで、海外勤務後の社内での昇進や昇格の可能性についても把握することが重要です。