外資系企業と聞いて、あなたはどんな企業をイメージしますか?大企業やスタイリッシュなオフィス、外国人との商談や海外赴任など、いろいろな事を連想すると思いますが、実際はどんな感じなのでしょうか。ここでは外資系企業の実態について説明します。外資系企業への転職を考えている人は必読です。

どんな会社が多いの?

どんな業種が多いのか?

外資系の企業と聞いても、漠然としたイメージしかない人も多いのではないでしょうか。外資系の企業と言っても実に様々な業種があり、その中の一例としてはIT関連やコンピューター関連の業種があります。この2…

Read More

上司は外国人なの?

外資系企業というと上司が外国人ばかりというイメージがありますが、すべての外資系企業がそうであるわけではありません。外資系企業は海外企業100%の子会社、海外企業と日系企業の共同出資、日系企業が買収…

Read More

お客様は日本人?外国人?

外資系企業は4つに分類される

外資系企業は外資系というだけでひとくくりにされてしまうことが多いですが、外資系企業は4つに分類することができます。外資系企業を4つに分類してみると、日本法人を設立していない外国企業、外国資本100%の日本法人、外国企業に買収された日本企業、日本進出に際して外国企業と日本企業が共同出資した会社に分かれます。これらは同じ外資系企業であっても、特徴や働く環境が大きく異なるので注意が必要です。例えば日本法人でない外資系企業は、日本支社だけでの単独決定を行うことができません。労働条件も本国の大きな影響を受けます。外国資本100%の日本法人も本国の意向が重視されることが多く、頻繁に英語を使用する環境です。外国企業に買収された日本企業は、経営は日本主導で行われることが多いので、日本企業で働く場合とあまり変わりがありません。

外資系企業はどのようなお客と関わるの?

外資系企業だと外国人のお客と接しなければならないというイメージがありますが、すべての外資系企業がそうであるとは限りません。外資系企業が4つに分類されることからも、外資系企業の特徴によって取引を行う顧客の特性も異なるからです。例えば外国企業に買収された日本企業であれば、元々日本を中心に事業を展開していたので、お客や取引先は日本人であるケースが多いといえます。外国企業と日本企業が共同出資した外資系企業も、日本進出が目的であるのでお客さんは日本人が多いです。外国資本100%の外資系企業は、日本人相手に事業を展開していますが、本国の意向によって外国人を相手に事業を展開する場合もあります。このように外資系企業の特性によって、お客の種類も異なります。

外資系企業で働く前に確認しておきたいこと

どの程度、英語のスキルが必要なのか?

外資系企業で必要とされる英語力は、職種によって大きく異なるため、採用試験を受験する際に自分が希望する職種の実情をきちんと把握することが大切です。中でも、営業職は海外の取引先や顧客とのメールや電話で…

Read More

海外勤務はあるのか?

外資系企業に転職をする前には、将来的な海外勤務の可能性についてよく確認をしておくことが大切です。特に、営業職や総合職など成果が求められる職種は、入社後にすぐに海外勤務を任されることもあるため、求職…

Read More

仕事の評価のポイントは?

外資系企業の一つの特徴としてあるのは、過程より結果が求められることです。日本の企業も同じではありますが、過程も加味される部分が大きいです。故に例え結果が出なくても、毎日終電で帰るほど残業をしている…

Read More